金沢の割烹『勝一』の二代目が毎日旨いものをお届けします。
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 編集 |
[20090525]
銭五ファンクラブ、大野湊神社、ドジョウの立ち食い

またしてもおとなの遠足の時期がやってきました。

今回は金沢の港町、金石(かないわ)・大野の散策です。
もちろん案内はいつものスーパーガイドたーさん。





午前11時に金沢西署横、大野湊神社の鳥居の下で待ち合わせ。
交通の便の悪いところなのでちゃんと集まれるか心配だったけど、そこは大人の遠足。
みなさんそれぞれが工夫してちゃんとたどり着きました。

タケムーチョさんは遅刻したけどね。
あのパオコちゃんですら来てるのに(笑)。




大野湊神社は金石にあります。ややこしい。しかもそこで待ち合わせたのにスルーして、先に銭五(ゼニゴ)記念館を見に行きます。ますますややこしい。




銭五とは銭屋五兵衛の略。
五兵衛は質屋から北前船の回船問屋に商売の幅を広げ、わずか数十年で大変な財を築き、全然別の事業に失敗して投獄され獄中で病死した江戸時代後期の男。



館内で銭五の説明をしてくれたのは、その銭屋五兵衛の何代目かの子孫の方。

謎とロマンにあふれる銭屋五兵衛の生き様を将来大河ドラマの主人公にさせようという野望を密かに抱いている、かどうかはわからない。

しかし銭屋五兵衛、蛇ほどもある八田ミミズを輸入したり河北潟の干拓に乗り出したり俳句詠んでお茶したり、なかなかに多彩な人だったようで、この記念館にくると銭五のファンになること請け合い。



銭五記念館から銭五の館へ。
両館の共通入場券は500円のところ、団体割引で400円。



銭屋五兵衛は河北潟干拓工事中に潟の魚が大量死した責任を問われそのまま獄中死、結局何かで有罪とされたのだろう、嫡男は磔刑に処せられ、土地建物は没収のうえ競売にかけられた。

このあたりの経緯については銭五記念館にいろいろ資料が展示してあったのでじっくり読むといいでしょう。




競売にかけられ、ついこの間まで誰かが買って住んでいた元銭五の館がこれです。

江戸後期を代表する豪商の館、というには派手な仕掛けや面白みに欠けますが、なにか生活感のようなものがあってなかなかの展示だと思います。



ちなみにこれらの施設にはなぜか芳名帳が置いてありました。
おもしろいのであちこちにキムさんの名前を書いてきました。
5月24日のページに「金沢市 キムなにがし」と書いてあったらそれがキムさんです(笑)。

ほんとは「王貞治」とか「星野仙一」などと書いてみようと思ったんだけど、ふざけすぎかと思ってキムさんにしときました(笑)。

そこで一句。

観光地 落書き防止に 芳名帳

実用的じゃない?ピラミッドや珊瑚の脇に芳名帳。ぱったりと落書きやむに違いない。
商店街のシャッターにも吊るしておいたらどうかな?



閑話休題。

そんなわけでいよいよ大野湊神社へ移動。
銭五の館裏はお台場公園になっている。




ペリー以降、このあたりも異国の黒船を警戒して海に向けて大砲を据えていたのです。

弾は海まで届かなかったらしいですが(笑)。



きれいに整備された銭五お台場公園を抜けると




そこはもう神社の境内。




鎮守の森は得体のしれない古木が密生している。




本殿は最近できたもの。



まいどさんのはからいで、旧の本殿を開けていただけた。

この神社には義経と弁慶の伝説があるようで壁には源平合戦の絵。

これは日本最大の“絵馬”といわれているそうです。絵馬の定義を知らないのでなんともいえませんが、なんにせよデカイというだけでじゅうぶんスゴイ!






個人で来ていてはまず見られないものをまいどさんに頼むと見せてもらえる。
さすが『金沢ボランティアガイドまいどさん』。

これから金沢観光を予定しているかたはいちど相談してみては?




次の目的地は金石の街中にある道入寺。

この日は「ヒョウやアラレを伴った雷雨」という予報であったが、どんなわけでかまったく降られなかった。
よほど日ごろの行いがよかったか、アートマーケットで作った「降らし晴らし石」が効果を発揮したのだろう。

などと哲学的思索にふけりつつ歩いているとなにやらでかい声を出しながらスカタン女王が走り出した。

興奮していて何言ってんだかわかんないんだけど、意訳すると

「ここのかば焼きがうまいんだよ!かば焼き食わせろ!!」

ということらしい。



今回は “買い食い自由” というルールである。




ここのウナギの蒲焼もうまいが、なんといっても手軽で珍しくて金沢らしいのがドジョウのかば焼きなのだそうだ。

「ドジョウならすぐ出せるよ」ということでひとり一本づつ配給された。



骨付きなのでゴリゴリとする歯ごたえ、ほんのり甘みがあり、タレもうまい。
予想よりずっと苦味が少なくて、驚いた。

これはちょいと酒のあてに絶好だね。

そこらじゅう酒屋だらけだし、缶ビールぷしゅっとあけて一杯やりたくなったが我慢我慢。

街角の霊水でタレだらけの手を洗い道入寺へ。





パート2へ続く

2009-05-25(Mon) 14:58 イベント 編集 |
copyright © 2005 のり all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

管理者:のり
金沢の割烹の二代目。

割烹勝一ホームページ

920-0981
石川県金沢市片町2-3-2
『味ビル2階』

12:00-13:00(平日のみ)
17:00-22:00(年中無休)

■2010年6月、店内改装しました!

★ご予約はメールではなくお電話で
076-223-1011


■お問い合わせメールは→こちら

■ブログのコメントは→こちら

■当店のカウンター席は禁煙です。
ご協力お願いいたします。


■fonでwi-fi 接続できます。

twitterアカウント↓
http://twitter.com/kappokatsu1


このブログは終了し、


新しいブログへ引越しました。

割烹勝一『今日も旨いもの』

カテゴリー

twitter


■twilog→こちら

同業者・関係者リンク

お友達リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

求人

★アルバイト募集中★
割烹勝一では、忙しい時に手伝ってくれる非常勤バイトを募集しています。主に配膳の仕事です。
詳しくはメールやお電話で。
076-223-1011

月別アーカイブ

ブログ内検索

例えば『白子』などと入れて検索するといろいろでてきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。