金沢の割烹『勝一』の二代目が毎日旨いものをお届けします。
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 編集 |
[20090419]
音楽に機能主義的な完璧さを求めるモダニスト。音楽がもたらしてくれる「感動」に飢え、かつての巨匠のような大振りな演奏との出会いを渇望している復古主義者。あるいは機能主義もロマン派風の巨匠スタイルもともに歴史的使命を終え、これからのクラシック音楽の解釈はもはや、コラージュないし異化というかたちでのみ可能だと感じているポストモダニスト。はたまた、どの方向の演奏も決定的に拒むことはせず、それなりに理解し楽しもうとする折衷的な教養主義者。もちろん聴いて楽しければ解釈の方向性などどうでもいいと思う人もいよう。



「美」とは、人の内面からはある程度距離をおいた秩序であり、客観的な存在だ。それに対して感情表現は、「今ここ」に満たされない「主観=わたし」の存在を前提とする。それは満たされていない。何かが軋んでいる。ここにないものを強く希求しようとする衝動、望んでも得られない安息への渇望。



少し意地悪く言えば、バロック音楽には旋律それ自体の魅力はあまりない。例えばバッハの有名な「G線上のアリア」。音程はほとんど変化せず、この旋律だけを取り出して歌ってみても、あまりサマにならないだろう。ところがそこに通奏低音加わったとたん、奇跡が生じる。筆舌に尽くしがたい大きな呼吸と陰影と彫琢が生まれるのだ。



ここには何という自由な世界が広がっていることだろう!しかもそれは、革命以後の近代社会において政治的イデオロギーと化してしまった「自由」ではない。もっと人懐っこく奔放で、官能の香りが混ざった瑞々しいときめきだ。



フォルムという空間的に閉じていて有限かつスタティックな存在と、デュナーミクという時間的で無限へ向けて突き進もうとする存在とが、奇跡的に止揚されるのだ。



短調の最中にふと長調の匂い立つような香りが漂ってくる瞬間、あるいは長調が微妙に色を変えていく場面の調性の皮膚感覚のようなものに対する鋭敏さ、あるいは再現部の直前で右手が延々と上下のスケールを繰り返しながらもはや長調とも短調とも判別のつかない不思議な響きが揺らめき続ける。



時間はもはや等間隔に分節された、統一的な流れではない。絶え間なしに寸断され、切り刻まれ、死体のように動かなくなったと思ったら、突如として電気ショックを与えられたように小刻みの痙攣を始める。






・・・出典・・・


クラシック音楽の批評をしようとすると、なんでこんなにも熱く難解になっちゃうんだろう。

今日のブログの文章は『CD&DVD51で語る西洋音楽史』(岡田暁生著)からの抜粋。



そういえば何年か前までこういう大袈裟な語り口が妙に気持ちよくて『レコード芸術』という雑誌を定期購読してたなぁ・・・(笑)。

2009-04-19(Sun) 01:27 棚からひとつかみ 編集 |
copyright © 2005 のり all rights reserved.

Template By innerlife02

プロフィール

管理者:のり
金沢の割烹の二代目。

割烹勝一ホームページ

920-0981
石川県金沢市片町2-3-2
『味ビル2階』

12:00-13:00(平日のみ)
17:00-22:00(年中無休)

■2010年6月、店内改装しました!

★ご予約はメールではなくお電話で
076-223-1011


■お問い合わせメールは→こちら

■ブログのコメントは→こちら

■当店のカウンター席は禁煙です。
ご協力お願いいたします。


■fonでwi-fi 接続できます。

twitterアカウント↓
http://twitter.com/kappokatsu1


このブログは終了し、


新しいブログへ引越しました。

割烹勝一『今日も旨いもの』

カテゴリー

twitter


■twilog→こちら

同業者・関係者リンク

お友達リンク

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

求人

★アルバイト募集中★
割烹勝一では、忙しい時に手伝ってくれる非常勤バイトを募集しています。主に配膳の仕事です。
詳しくはメールやお電話で。
076-223-1011

月別アーカイブ

ブログ内検索

例えば『白子』などと入れて検索するといろいろでてきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。